葬式

ペット葬儀で家族を偲ぶ│最後にできる供養

うさぎの病気を知る

うさぎ

動物病院となると、ほとんどの対象が犬や猫となります。うさぎやハムスターなどの小動物などについては、専門外という動物病院も多いものです。うさぎを飼う際には、万が一に備えて事前に病院を調べておくことが大切です。うさぎの動物病院を選ぶ際には、症例が豊富な所を選んでいくことが大切です。専門の知識や技術を持っている病院で、治療を受けることで病気の早期発見や、確実な治癒が期待できます。うさぎは、耳や歯、皮膚などに病気が発生することがあります。事前にうさぎの病気などを勉強して、少しでもおかしいなと思ったら、すぐに病院に行けるように知識をつけることが大切です。

うさぎは、耳ダニや外耳炎など耳の疾患にかかりやすいので注意が必要です。しきりに耳を掻く、激しくふるというような行動を取っている場合、耳ダニがいることがあります。複数うさぎを飼っている場合、寄生虫が他のうさぎに移ることもあるので、引き離し、適切な治療を行なうことが必要です。また、垂れ耳のウサギは耳垢が溜まりやすく外耳炎になることがあります。定期的に炎症がないか見ていくことが大切です。また、うさぎはケージを噛むことも多く、顔を強打していることや、歯を損傷してしまうということがあります。歯に損傷があると、エサをこぼす、野菜が噛みきれないなどの症状が出ることも多く、しっかりと栄養を取れなくなってしまいます。また、うさぎは歯が伸びることも早く、継続しての手入れが必要になります。動物病院で、前歯を削るということを行なってくれるので、定期的に通うようにしましょう。